査定の主な基準の最近のブログ記事

査定の主な基準

sateipoint.png・売却車種の市場での需要

売却する車種の、市場での人気によって査定額は大きく左右されます。人気車種であれば当然店頭に並んだ時もすぐに売却できますので、買取の査定も高額になります。逆に人気薄の車の場合は、車を買い取っても一向に売れないという、リスクを販売店が抱えることになりますので、高額査定は難しいです。


・ボディカラーの人気

車を選ぶ上でボディカラーも重要視されます。街中を走っているとパールホワイト、シルバー、ブラックなどの無難なボディカラーが多いと思います。中古車市場でも同様で、同じ車種でも万人に受けるボディカラーほど査定額が高いといます。しかし市場で人気のあった限定色であれば、高額査定となる場合もあります。


・グレード

サンルーフや革シートなど、同じ車種でもグレードによって装備内容が異なります。新車購入時はグレードによって金額が異なる様に、車買取におても査定額が異なってきます。人気装備ほど、高額査定となります。「この車種で、この装備の車がいい!!」というような、中古車購入者もいますので、グレードは重要です。


・年式

年式が古いほど低額査定となり、新しいほど高額査定となります。フルモデルチェンジはもちろん、マイナーチェンジによっても査定額は異なってきます。プレミアがつくような特別な車でない限り、常に売りたいと思ったその時が一番高額で買い取って貰えるタイミングです。


・走行距離

走行距離によっても査定額は変わってきます。ほぼ同じ条件の車でも5万kmか4万8000kmかで買取額が異なったケースもあります。また車を所有している年数に対して、極端に走行距離少ない車も、適度に動かすことが良い車のコンディションを保つと考えられているため ただ走行距離数が少ないからといって、高額査定となる訳ではありません。一般的には年間の走行距離は軽自動車で8000km、普通自動車で1万kmが、良いとされています。


・改造の有無

車両の本来の性質を変えてしまうなど、純正パーツに戻せないレベルのカスタマイズをしてある場合は、基本的に査定額ダウンに繋がると考えましょう。特にサーキットでためのチューニングを施してある場合などは、車両への負担が大きいと見られ、さらに査定が下がる可能性があります。


・ボディの傷や凹み

ボディの傷や凹みがある車をあえて選ぶ人はいないので、細かいキズや飛び石による凹みなどでも、減額の対象となってしまいます。もちろん、ボディに傷や凹みが少ない程、高額査定となります。


・内装の状態

シートなどの破れや、ドアノブの引っかき傷の多さなど、内装の状態も査定の結果を大きく左右します。もちろんジュース類やコーヒーをこぼしたことによる、ひどい汚れなども査定には大きく響きます。


・修復歴の有無

フレームやピラー、ルーフパネルなど、骨格部分に損傷があるものは修復歴となります。この様ななしな修復歴のある車は、やはり大きな減額の対象となります。また専門家がしっかと検査しますので、修復歴はなしと偽っても見破られ悪い印象を与えてしまうので、修復歴がある場合も正直に伝えましょう。


・ワンオーナ

複数のオーナーが乗り継いでいる車より、ワンオーナーである方が当然査定額がUPします。複数のオーナーが乗り継いでる車は、やはり次のオーナーとなる購入者にとっては印象は良くありません。乗り継いでいるオーナーの数は、少なければすくないほど良いです。


・喫煙車、非喫煙車

非喫煙車なら査定額がアップするという訳ではありませんが、喫煙車は確実に査定額ダウンに繋がります。また動物などを常日ごろ、乗せていた場合も同様のことが言えます。


買取業者にできるだけ高額で買ってもらえるよう、まずは一括査定で中古車市場での愛車の適正な金額を把握しておくことをお勧めします。


aisyasatei.bmp

カービューの一括査定では、国産車・輸入車・商用車(トラック
建機・バス・フォークリフト)などなど、幅広い車種の一括査定
が可能です。

書類無しで専用フォームから簡単に見積り依頼を行うことがで
きるのと同時に、一度に複数の買取会社へ申込が可能。

手間を大幅に省くとともに複数の買取金額が比較でき通常の
買取申込よりも高額で売却できる確率が大幅に上がります。

高価格での売却を実現するためにもぜひ、ご利用下さい。

carview.GIF

        carview愛車無料査定