車買取で良くあるトラブルの最近のブログ記事

車買取で良くあるトラブル

kaitoritoraburu.png

a0001_009297.jpg

車買取において気をつけたいのが売買後のトラブルです。
せっかく高値で買い取ってもらたとしても、

それを帳消しにしてしまうようなペナルティ、
またはマイナスになってしまうようなトラブルも実際にあります。

そのトラブルを回避するためには、実際にあった
トラブルを事前に知っておくのは大変重要なことです。

また売買契約時に契約書の約款にきちんと目を通す
買い手への伝え忘れていることがないかなどにも注意を払うなど、

トラブル無しで気持ち良く車の売買を終えましょう。
下記の実際にあったトラブルを、ぜひ参考にして下さい。


◆売買契約を白紙に戻したいのですが......

車の買取業者と売買契約を交わした後、白紙に戻す場合は売買契約の内容にもよりますが無償キャンセル期間が設けられている場合があります。その期間を過ぎてキャンセルする場合は違約金を買取業者へ支払うのが一般的です。また売却後、中古車買取店がすぐにオートオークションへ出品して落札されてしまうこともあるので、すんなりと買取業者がキャンセルに応じてるとは限りません。売却は納得の上で決定しましょう。


◆売買契約後に事故車と判明しました

中古で買った車の売買契約を交わした後に事故車であることが発覚したなどの問題が生じた場合、売却金を全額返還や賠償金を支払わなければならない場合もあります。それが事故車とは知らず売却した場合も、査定員の見落としにも関わらず契約時の約款に沿ったペナルティがかせられる場合もありますので、売買契約時の約款は必ず目を通し把握する必要があります。


◆リサイクル料金は返してくれないの?

クルマを廃車にする時に掛る費用を前もって納める必要があるリサイクル料金ですが、査定額に含まれる場合と別に支払われる場合もあり買取業者や店舗によっても異なります。査定時に、リサイクル料金について担当者に尋ねてみましょう。


◆車を買い取ってもらえないんですが......

査定を依頼した車買取業者にもよりますが、修理費用が大幅にかかる事故車や中古車市場的に利用価値のない車の場合、買取を断られる場合もあります。なくなく廃車処分にする場合は、廃車買取サービスがありますので、ぜひ利用してみてください。


◆名義変更が遅れています......

車売却後、すぐに行われると考えていた名義変更が、遅れていたり、行われなかったりすることも買取業者によっては良くあります。名義変更がスムーズに行われないと、自動車税納税通知書が届いたり、交通違反をした場合の連絡などが来てしまうケースも少なくないです。そういったトラブルを回避するためにも、契約の段階で、名義変更について買取店と十分に相談しておく必要があります。


◆まだローンが払い終わっていないんですが......

ローンを払い終わっていないうちは、お金を借りている信販会社の所有物となっているため、勝手に売却をすることはできません。売却して得た金額で、残債を相殺できる場合は問題ありませんが、相殺できない場合は、新たにローンを組みなおすことで売却することができます。